真の成長とは「自分を明らかにしていくこと」

今月で起業して3年目になりました。

起業したての頃、それまでいた組織やママの世界とは違って、急に華やかな世界に飛び出たような感じがありました。

毎日のようにPCや携帯を見るようになり、開くたびにとても輝いている女性たちの顔と言葉がありました。

みんな華やかで美しい。

日常生活の充実っぷりもすごい。

今や自撮りも当たり前で、それまで学校や組織、地域で出来るだけ目立たないようにしてきた女性が、そんなマインドではうまく行かない!と誰かの指示されたように、次々に笑顔で、綺麗な、日常はこんなにも充実しているよ〜という記事をUPしていました。

IMG_3369

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6607

 

 

 

 

 

 

 

 

繋がっている人のほとんどが1日何度もそんな投稿をするものだから、

世の中の人はみんなキラキラ輝いていて、こんなに普通の日常を送っているのは私だけ?

そんな気持ちになる人も多いのではないでしょうか?

こんな私ではダメだ・・・

そんな風に受け止めて、もっと輝かなくては!と肩に力が入って頑張ってしまう。

まあ、私もそうでしたが(笑)

こうやって冷静に振り返ってみると、

不自然・・・

だって、光があれば影があるのが普通なのに、光しかないような表現なのですから。

光があれば影がある

輝いている人の見えないところに沢山の影が存在している。

この当たり前の事実を知っていれば、

もっと自分らしい発信もできるようになります。

今の私は、時には影の部分も出していこうよと思っています。

“着飾った自分”になってしまう訳

「コーチなのだからちゃんとしていなければならない」

「会社を設立したのだから、ちゃんとしなければいけない」

私自身は、そんな”ちゃんとした自分”という勝手に作った理想を追い求めていました。

でも、どうしても”ちゃんと”には追いつけません。

追えば追うほど、遠ざかっていく感じ。

では、この”ちゃんとしていなければならない”はどこから来ているのか?

それは、そもそもの思い込みから来ているのです。

「私はちゃんとしていない」

「そんな自分はダメだ」

というような思い込み。

だから、着飾ったものを脱げなくなっていく。

なぜなら、ありのままを見せてしまうと「ダメな人だ」と言われてしまうと思い込んでいるから。

いや〜、それは疲れますね。

そんな完璧な人になるのは無理ですから、さっさと諦めましょう。

逆に、諦めて力がふわっと抜けた時、本来出すべき力が出ますから、結果的に

「ちゃんと結果が出る人」

になれるのです。

私の場合いろんなことがうまくいかなくて追い詰められた時、「もう今の自分でやっていくしかない!」そんな風に開き直ることができました。

少しずつ周りの人に弱音を吐いたり、頼ったりして行きました。

すると、不思議なことに今まで以上に物事がスムーズに運んで、いろんな人がさらに力を貸してくれるようになりました。

なんだか楽になって、リラックスできるようになりました。

あれ?何を頑張っていたのだろう??

別に私が”ちゃんとした自分”にならなくても、人は私を認めてくれたし、その方が素敵だと言ってくれるようになりました。

私にとって、真の意味での「ステージが上がる」とは、本当の自分に戻って、人を頼れるようになることだったのです。

人を頼るということは

・謙虚である心

・頼っても甘えても自分を認める肯定感

・人を信じる気持ち

・人の能力への尊敬の念

・巻き込む力

・頼ってでも成し遂げたい大切な想い

そういったものが必要です。

成長とは何でもできるようになることではなく、自分を明らかにして人に頼れるようになることかもしれない

芯の部分で自分の良さがわかり、人を信頼し、自分を信頼できるようになったら、あとは着飾ることはなく、余分なものを脱いでいくことができます。

自分を今の自分以上に見せるのは、とてもエネルギーが必要です。

自分が一番強いと思っていること、大切にしたいと思っていることにエネルギーを集中できるようになったら、それだけで人は内なる輝きを発するようになるでしょうね。

ただ、自分を生きているだけなのに人はその人に輝きを感じる。

それこそが、”ハダカの自分”で生きる人の魅力ではないかなと思います。

“ハダカの自分”を見せられるようになった人は、自分のことを明らかに見た人なのです。

・これが自分のすごくいいところだと認め伸ばす。

・これは私にはできないことだなと認め手放す。

そんな状態が”ハダカの状態”ではないでしょうか。

私は、着飾った私も好きです。

18057154_1285599531475648_1109014801244785277_n

 

 

 

 

 

 

 

 

女性ですもの。

綺麗にいたいですし、綺麗だと思ってもらいたい。

大事なのは、心のあり方です。

何を表現しようとしているかということ。

・自分のできないところや恥ずかしいところは隠して、いいところだけ見せようとしていないか。

・今の自分はできていないのに、できている風に表現していないか。

・本当はすごく不安なのに、まるで不安など感じていないかのように強がっていないか。

そんな心の部分がどうかということです。

緩んだ人からうまくいく

自分の本来の力を出すためには

「ゆるむこと」

だと言います。

「ゆるむ」

とは、着飾って重くなっている自分から解放されること。

つまり“ハダカになっていくこと”です。

(心がですよ!)

今、頑張っている割にはうまく行っていないという人。

なんだか1人で頑張っているような孤独感を感じている人。

もう一度自分と向き合って、自分の良さ、自分が無理しているところぜひしっかり見てあげてくださいね。

そして、いらない力が入っているところは緩めてあげてください。

緩み始めたあなたに勇気付けられ、そして心から応援したいという人が現れますよ。

きっと頑張っていた頃より、他力が働いて何かが得られるはずです。

 

※自分1人ではどうやって”ハダカの自分”になって行ったらいいかわからない人にオススメのセミナーです。

fullsizeoutput_3d37

私の8年来の命友であるカウンセラーのさわとんとコラボセミナーを開催します。

何かヒントが掴めるはず!ぜひご一緒しましょう。

【イベント詳細】

〜”着飾った自分”から”ハダカの自分”へ〜
自分を脱いで本当の輝きを〜ぷれしゃ“す”らいふセミナー

日時:平成29年5月13日(土)14時〜17時(13時45分開場)
参加費:5400円(税込)事前銀行振込
定員:20名
場所:ルームス水道橋店 第6会議室
(千代田区三崎町3-4-10 庄司ビル5F)
申し込みはこちらから

辛口コーチの本音のさらに本音が聞けるLINE@

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。