こんな短時間でこの状態にするのは1人では無理でした〜単発セッションお客様の声〜

 

IMG_2674 4

 

女性起業塾を卒業された種井美緒さんにも1年以上ぶりにセッションをご利用いただき、早速感想をいただきました。

種井さんは、専門職として病院に勤めていましたが、この春から個人事業主になり身体の専門家として活動をスタートされました。

想いも明確で、ツールもとてもいいものを手に入れたのですが、「人に伝わらない」という悩みをお持ちでした。

 

さやかさん、今日は本当にありがとうございました!

セッションの最初は、話すと同時に涙を流していた私でしたが、ほぼ1時間でハラから「それだったら出来そう!」「そういう方向がしっくりくる!」「それ、やりたい!」と思える状態になったのは、とても大きな変化でした。

こんなに短時間で、自分一人でこの状態にするのは無理だったと思います。

4月から個人事業主として改めてスタートし、覚悟はしていたけど、うまくいかない現実に悔しさ・悲しさ・怒り…負の気持ちでいっぱいでした。

「何かを変えないと」「とにかく動かないと」という気持ちの反面、負の気持ちがいっぱいで実行が伴わないこと、「変えたくないものがある」という気持ちも強くあり、どうしていいのか、わからなくなっていました。

私は「現状を変えるためには、曲げたくないものまで曲げなければいけないのか」というような葛藤を抱えていましたが、さやかさんから提案された「やりたいことを、まずはハードル低くやっていこうよ」ということに、当たり前だけど「あぁ、やりたいこと、やっていいんだ」と安心できたことが、大きなエネルギーにつながったように思います。

言葉にすると、こんななんてことはないような話なのに、これを本気で信じて、本気で行動していくのは、やっぱり大きなチャレンジなんですよね。

でも、大きなチャレンジでも、ひとまず「今の自分なら大丈夫」と思えるようになってきたので、いけるところまで行ってみます。

さやさかんとのセッションは1年以上ぶりでしたが、こういう時間が過ごせて、本当に感謝しています。また、道に迷った時にお世話になります。

今日は、本当にありがとうございました!!

(種井美緒様 30代 理学療法士/フランクリンメソッド・エデュケーター さいたま市)
ブログはこちらから

セッションでは、種井さんの中に「人の意見を聞きたい気持ち」と「人に合わせて形を変えたくない気持ち」があるのを大切にしながら、現状を丁寧にお聞きしていきました。

気持ちを否定せずお話を伺っているうちに

「誰に伝えたいのかが明確ではない」

という課題が分かりました。

ここが明確ではないために、自分が伝えたい相手ではない人に意見を聞いてしまい、その結果うまく伝わらない悲しさを重ねていました。

問題・課題が明確になれば簡単です。

あとは、どう取り組んでいくか作戦会議をすればいいのですから!

コーチには正解はありません。

でも、起こっていることの本質を見抜き、何が課題なのかを明らかにすることはできます。

1人では何日も、何週間も関わってしまうことがプロコーチの視点をもらうことで、1時間で抜け出ることができます。

種井さんも、終了時には笑顔でやる気溢れるお顔になっていました。

コーチは、今のあなたの現状を否定しません。

コーチは、あなたが大切にしたいものを大切にしたい気持ちを尊重します。

怖がらず、今起きていることを整理することや本音を引き出すことにプロコーチの力を借りてくださいね。

辛口コーチの本音のさらに本音が聞けるLINE@

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。