立派になんてならなくてよかったのだ

昨日は、仲間たちが主催したセミナーで司会を務めさせていただきました。

起業女性のための「Webの仕組みづくりトークセッションセミナー」
(主催はたじりむつみさん、久下沼ひろこさん、丸山るこさん)

私は、むつみさんにこのWordPressを整えてもらって、るこさんには名刺のデザインでお世話になりました。ひろこさんはリアルでお会いするのは初めてでしたが、優しくて丁寧でとても親近感が湧きました。こういうWebのプロにお世話になれたら、自分の仕事の可能性がさらに増しますね。

 

19702402_1388308787926979_7914210113104773446_n

Webを使った集客セミナーを学べるということで、起業女性の皆さんで会場は満席。

みなさん、とても熱心に話を聞いていらっしゃいました。

会場を満席にする

これってすごいことなんですよ!

3人もいろんな媒体を使って、いろんな伝え方で試行錯誤されていました。

大変って言っていましたが、みんなで目標に向かうのは楽しそうでした。

かなりのエネルギーを当日までかけてきたことと思います。

本当に今日までお疲れ様でした!

今日は、この日に起こった気づきをシェアしますね。

当日のまで全力で頑張った3人。

だからなのか・・・

司会用の台本がない!!

もっというと、タイムスケジュールもない!!

その場でヒアリングして流れとタイムスケジュールを確認して、あとはアドリブで2時間やり抜きました。

私1人だったら、これは全然ありで、よくやることなのですが、複数人でセミナーをするとなると大枠のタイムスケジュールは必要なのです。

でも、終わってみて主催者に「紗矢香さんならやってくれると思っていたので、丸投げしました」と言われて、こう思ったんです・・・

お〜、嬉しいな〜✨

だって、それだけ信用してくれたってことですよね。

私はいつも丸投げする方で、丸投げされる側は滅多になかったのですが、

あれ、丸投げって嬉しいぞ!!

って気付いたのです。

私は、今まで人に「これやってほしい」って丸投げするのって、力不足とか(投げておきながら)迷惑かけて申し訳ないなというのがあったのですが、丸投げされた側になったら嬉しかったから、なんだ〜丸投げすることに申し訳なさとか感じなくても良かったのかも!と思えました。

「ちゃんとしてなくてはならない」「立派でなくてはならない」を手放す

以前の私は

「ちゃんとした人でありたい」が根本にありました。だから、人に迷惑をかけないように頑張ってきました。

でも、結局自分1人の力ではどうにもできないこともあって、そうなると最後になって「丸投げ」して頼っていたのです。

で、最近はこう思えるようになりました。

・どうせ、ちゃんとできないし。

・どうせ、迷惑かけちゃうんだから、ちゃんとするなんて諦めよう

すると、どうでしょう。

とっても楽なんです!力が抜けたから流れが良くなりました。
そして、こんなことにも気づけたのです。

ちゃんとした自分になれないと認められない、愛されないと思っていた。でも、ちゃんとしてなくても存在を認めてもらえていた。愛されていた。

ここに気付いた時、ちょっとショックでした。

だって、頑張らなくても愛されていたのに、1人で人を信頼しないで頑張っていたのですから。

認めてもらえない、愛されない。
そんな恐れが根底にあって、頑張ることで私がすごいということを証明しようとしていたんだなと。だけど、結局その理想の自分にはなれないから、また落ち込んで自分を否定してしまう。そんなことを繰り返していました。

その結果、掴めた能力もあるし、だからこそ今の私がいるので、そんな自分も愛おしいけど、そろそろいいんじゃないかなっと思えています。

そんなことを思っていた昨日、ちょうど司会を丸投げされた体験をしたことでさらに思いを強くしました。

「自分ができないことを人に頼むと、その人は自分の力を使えて嬉しいし、それで喜ばれたらさらに嬉しい」

人に任せるということは、人に喜びを与えているということになるのです!

セミナー後、一緒に参加していたクライアントさんとのセッションでした。

セッション中、私の気づきとシンクロする話になりました。

「立派でならないと価値がないと思っていたんですね・・・」

起業女性に良くあることですが、やりたいことがあっても立派なこと書けないから「ブログを書けない」、満席にできないから「セミナーをしない」、いただいた額ほどの価値を提供できないから「セッションをしない」・・

立派でいなくちゃいけないなんて思っていたら、何もできませんよ。
そうこうしているうちに、人生終わっちゃいますよ!それでもいいですか?

もったいないですよね。

立派な自分なんて勝手に自分が思っているだけで、もうとっくに周りにはバレていますから、早めにそこから降りて、自分のあるがままを受け入れて生きていきましょうよ。

「何もしなくても価値がある=何もしないでもいい」ではない

さらに、クライアントさんが言っていた言葉。

『「何もしなくて価値がある=何もしないでいい」だと捉えていたんです・・・でも、それだとなんだか悲しくて。何かしたい自分もいるから。でも、何もしなくても価値がある=何もしないでいい。ではなくて、何もしなくてもいいし、何かしてもいい。なんですよね。』

このままでもいいし、もっとダメになってもいいし、もっと素敵になってもいい。
それでも、何を手にしたかに関係なく私には価値がある。

そう思えたらいいですよね。

私も、もっともっと楽に、そして人を信じて、この世界を信じて、見えない力に身をゆだねて、フローな人生を送りたいと思っています。

19665636_871101126361510_1537965947607017658_n

(会場に来ていた仲間と。ほとんどの人が起業プログラムの卒業生。素敵な仲間に恵まれいるな〜と感じました)

辛口コーチの本音のさらに本音が聞けるLINE@

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。