「今ここ」を生きるって結構勇気がいるものだ

現在開講中の「アラフォーからの人生デザイン連続講座」2回目に向けて、講師のみどりちゃんとskypeでミーティングをして、あれやこれや考えていることをシェアしました。

こうしてシェアしながら、メンバーとともに考えたいことを決めていくプロセスはとても充実。

最初から何かあるのではなく、今感じていることを形にしていく。こういう講座の作り方って私の理想だな。
もちろん、「何のために」という目的と「どこに向かっているか」という方向性は決まっているだけど。

専門学校の先生をしていた時、週に1回担任の時間があった。教科書があるわけではないから、自分で内容を決めて90分の授業を作るのだけど、最初は教科書があればいいのにって思っていた。でもね、何年か経つと今のクラスの現状に合わせて柔軟に内容を考えることができるのが楽しくなった。

「今ここ」を大切にするのは勇気がいる

事前に準備をしてその通りに進める方が安心するし、大きな失敗もない。メンバーが変わっても同じものを活用すればいいから楽。でもね、そもそも準備しているときは理想の未来を描いて作っているし、実際にやるときにはその準備したものは過去のものなんだよね。「今ここ」はそこにはない。

でも、私たちは「今ここ」しか生きることはできないから、やっぱりどんなに準備しても結局は「今ここ」に向き合ってライブでやるしかない。でなければ、そこに現実はない。録画した教材を見せればいいのだから。

・・・と書きながら、私は「ライブ」が好きだなと思ったよ。本当に必要な答えは、一緒に見つけたらいい。きっかけやものの考え方のシェアはできるけど、正解なんて私の中にあるわけではない。一緒に見つけ出す。そんなスタンスがこれからは必要じゃないかな。

でも、やっぱり「今ここ」を生きるって結構勇気がいるよね。

過去に生きず、未来にも生きず

私たちはともすると良くも悪くも過去に生きている。以前はうまくいったから次もそうなるとか。逆に、前はうまくいかなかったから今度もきっとそうなるとか。過去の結果と今は関係ないのにね。

そして、未来のこと。理想を描くのは大切だと思うよ。でもね、今の否定から描いた理想じゃ意味がない。今がダメだから未来はこうしたいって未来に依存しているよね。そんなんじゃ本当に欲しい未来を生きれる訳ないでしょ。

だから、やっぱりまず大事なのは「今ここ」を生きる勇気。あなたが理想としている現実ではなかったとして、これが今の自分だよ。いいも悪いもない。まずはそれを認めること。受け入れること。

未来を描き過ぎるとね、ともすると「今ここ」にあなたがいなくなる可能性だってある。

怖いね。「今ここ」だけを生きるって。過去にも依存せず。未来にも依存せず。

私は、どこか理想の自分に依存していたんだと思う。本当の自分はこんなんじゃない。もっとすごいのに。未来の私はこんなことをしていて、あんなこともしていて〜って妄想が膨らんでいた。

だから、改めて強く思う。
「今ここを生きたい」と。
いつだって、今日からがスタート。そんな気持ちで生きていきたい。

「今ここ」で感じていることを、ただただ大事にする。

そしたらどんな人生が展開するんだろうね。今私はそんなことにワクワクしています。

【募集中のサービス】小松さやかの背中を押すセッション

11/11小松さやかの「自分を生きる覚悟」講演会小冊子ダウンロード

募集中のイベント

小松さやかの本音が聞けるLINE@

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。