感動する毎日を送りたいと思っている人へ

昨日11月3日は、我が家の長女の7歳の誕生日。

実家の母から赤飯が届き、朝食に家族で食べてお祝いして、娘の希望でベイクドチョコチーズケーキを一緒に作って。

そのあと、おもちゃを買ってもらうため義父母と買い物へ行き、一緒に夕食を食べお祝いをしました。

誕生日ってスペシャル。本人もそして家族もすごく嬉しくて、笑顔の1日。

生まれて来てくれてありがとう!!
順調に育ってくれてありがとう!!

出産して初めて娘に会ったあの日を思い出して、なんだか感動が蘇って来た。

だからかな、ふと思ったんだよね。「毎日をこの感動レベルで過ごしたいな」って。

毎日を感動して過ごすためにできること

でも、毎日が誕生日ってわけじゃないでしょ。毎日、感動するほどのことが起こるわけでもない・・・そんなことを考えたとき、「あっ!!」ってやっと腑に落ちたの。

こうして当たり前の毎日を送っていることこそ、感動レベルなんだ。

「当たり前こそ幸せ」って、私のセミナー等で言い続けてきたし、私も分かった気になっていた。でも、全然実践できてなかった。

非日常的なことが起こらないと感動してなかった。まるで「もっとすごいことがないと私感動しないからね。」って決めているかのように。

なんとなく自分でも感じていたんだ。なんで、こんなに日常は冷めているのかなって。あまり喜ばないし。何かにはまることもない。滅多に感動しない。でも時々感動することがあって、そうするとまたそれくらい刺激的なことを求める。

完全に喜びセンサーが鈍化していて、だけど心は感動したいから、もっともっとって刺激的なものを求めていたんだね。私が感動できるほどの何かを求めていたんだ。でもさ、あるじゃないか。ここに!ってやっと思えたの。

何かが起こらなくても、日常が続いていたとしても、自分の感動のラインをぐ〜んと下げちゃったら、今ここから今までの何倍も感動できる毎日が始まる。喜びセンサーを敏感にすることを意識できれば、こんな風に毎日思えるよね。

今日起きることができたよ!!
朝ごはんが食べられたよ!
朝、家族とおはようって話せたよ!!
今日、SNSでいいね!がついたよ!!コメントがついたよ!!
今日も仕事ができたよ!!
今日もお風呂に入れたよ!!

大げさだけど、これって死んでしまったら感じられないことなんだよね。だから、今こうして感じることができるって感動レベルなんだよ。幸せだよね〜。

喜びの振動が次の喜びを引き寄せる

感動する、喜ぶって心が振動する感じがするよね。振動はどんどん他のものへと広がっていくから、その振動レベルにあったものが現実化していくんだと思うんだ。

だから、
大げさに感動しちゃおう!大げさに喜んじゃおう!!
人の幸せも我がことのように喜んじゃおう!!

その振動が次なる幸せを作ってくのだから。

感動する毎日を送るために必要なことは、ものすごいことを起こすことではなかったんだ。今ここに起こっているものに感動できる心を取り戻すことだったんだ。そこが戻ってきたら、ここから起こることにもっともっと感動して過ごせるはずだから。

さあ、喜びの振動を高めていくよ。当たり前レベルをぐ〜んと下げて、今ここにあるものにもっともっと感動していこうよ。

毎日がスペシャルだよ!!もっと日常で感動しよう!!

【募集中のセミナー】

ライフコーチング年末年始特別セミナー 12月27日(水)1月7日(日)

【募集中の個別セッション】

小松さやかの本音が聞けるLINE@

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。