自分では簡単にできることこそ、使うべき「豊かさ」なのだ!

11/20は、アラフォーからの人生デザイングループ講座の2日目でした。

この講座では「豊かさ」に気づいて、受け取り、それを活かしながら、心から喜びを感じられる人生の創造を目指しています。

その時その時でメンバーが感じていることに合わせていくことを大事にしています。

今回感じたことを2つシェアしますね。

あなたが「普通」って思っていることこそ「豊かさ」

前回から今回の宿題で「自分の本質」や「豊かさ」を書き出して来てもらいました。

書き出すということは、自分で分かっている自分ということ。自覚しているということ。

当たり前だけど、自覚できていないことは書かない。

あまりに当たり前にできることは、普通すぎてスルーするのです。

ある1人のメンバーは、環境が変わってもOKな適応力がある、人との距離感を適度に保つのが得意、調整力がある。
(こういう人は、事務局長とか出来そう)

でも、

「それってすごいことだよ!!」

と私や他のメンバーが伝えても、

「そう?普通だよ!」

って言うわけ・・・

(こんな風に人自分の与えられた豊かさに気づかないままでいるのは、もったいないぞ!)

実は、あっさりうまく行っちゃう時は、自分が意識できてない才能を使った時。

あまりに当たり前だから、こんなことでいいの?って思って、意外と使ってないことが多い。

でも、それこそが人に喜ばれる才能(あなたに与えられた豊かさ)なんだよ。

で、

その才能を使う生き方こそが、使命なんじゃないかな。

グループ講座は、こんな風に自分じゃ気づかなかった宝に気づくことができる。

1人だと、普通すぎてそれを活用しようなんて発想がないから。

天は、ちゃんと1人ひとり違う特性を持つことで、全てが調和できるように仕向けているよね〜。
それなのに、平均的な人間を作るなんて天の真意に反している。

偏っていていいんだよ。
普通と思っていることこそ与えられた豊かさで、それを使って楽に幸せになっていいんだよ〜。

自分の良さを活かす環境に身を置くこと

妻であり、母である女性たちは、

「夫が・・・」とか「子供達がいるから・・・」とか「母がこういうから・・・」とか、自分以外の人を優先している時がありますよね。

でも、まずは「自分がどうしたいのか」が一番大事。

自分はどうしたいと思っているのか、自分の心に耳を傾けず、受け入れず、認めず、そんなことをしたら、例え誰かのために良いと思える選択をしても、あとで不満となって出てくるものです。

だから、最終的にみんなが幸せになるのは、自分の気持ちを大切にした時。

今回の講座中も、あるメンバーにもう1人のメンバーが「子供より自分の気持ちを優先していいんだよ」と伝えたんだけど、

「えっ〜〜〜!!!子供より自分を優先してもいいの!!」とビックリしてましたよ。

いいんだよ〜。だって、そうやって自分を大切にすれば満たされるから、周りにも優しくなれるのだから。

自分にとって心地いい環境を作ってあげることによって、本来持っている良さが活きます。でも、環境が悪いとネガティブな側面が出てしまう。

だから、持っている自分の良さを活かすためにも、環境には心を配ってあげてくださいね。

もし、あなたの性格の嫌な面、ミス、体調不良などが出ているとしたら、今いる環境を見直すチャンスかもしれませんよ。

今すぐ環境を変えることが出来たら一番だけど、なかなかそうもいかない・・・って人は、これを心がけてみてください。

「自分だけは自分の味方になること」

責めない、認める、許す

自分の内側から心地いい状態にしていくことはできるはず。
自分のしたこと、考えたことにジャッジせずに、認めてあげてね〜。そしたら、少し余裕を持って周りに接することができるから。

こんなことをさらに意識して、来月また会う時に何を感じたかシェアしながら、自分の良さを活かして楽に幸せになっちゃう人生の創造をお手伝いしていきたいと思います。

【募集中のセミナー】

ライフコーチング年末年始特別セミナー 12月27日(水)1月7日(日)

【募集中の個別セッション】

小松さやかの本音が聞けるLINE@

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。