理想の人生を手に入れるために、変えるのは行動ではなくて〇〇

起業を目指されている、もしくは起業されている女性がなぜコーチングを受けるかというと、「理想の状態」を手に入れたいからです。

特に、これから起業される方。もしくは、本格的に収入を得るために起業を再スタートされる方は、何かしら自分でアクションを起こしていかないと流れはできません。

しかし、この流れを作る行動がなかなかできないのです。私のところに来られる方は、これまでも色々学んだり、ご自身と向き合った経験のある方が多いのですが、今週セッションさせていただいたクライアントさんも、「分かっているけど、なかなか変えられない」という悩みをお持ちでした。

行動より先に変えるべきは「信念」

具体的な行動ができないという問題に対して、人は「具体的なやり方を学べばできるようになる」と思いがちです。もちろん、そういう場合もあるのですが、最初に取りかからなくてはいけないのは「自分の信念」であることが多いのです。

クライアントさんのお一人は、「変わると嫌われてしまう」という恐れを持っていました。そこを深く向き合ってみると、変わること=ワガママになることとつながっていました。実はお母様にいつも「我慢すること」を求められていました。お母様の信念である「自分が我慢することが良い」が娘であるご本人にも深く影響してました。

ご自身も母親になり、お母様のことも客観的に見えるようになってきたのですが、この染み込んだ「信念」は自分の中に深く残っていたのです。

もう1人のクライアントさんは、常にお父様の許可が必要とされるご家庭で育ったのですが、このお父様の基準が高いために、「自分はいつも足りない。頑張らなくてはいけない」という信念につながっていました。

潜在意識に染み込んだ「信念」にアプローチをする

深いところの信念が行動に影響しているのですから、当然行動を変える前に「信念」のチェンジが必要です。

書き換えに有効なのは、アファメーションです。肯定的な言葉で、しかも言い切ることによって自分の潜在意識に働きかける方法です。

例えば、「やりたいと思ったことは遠慮しない!」「私は今のままで完璧だ」こんな風に毎日のように自分に語りかけることで深いところに染み込んでいる信念は書き換えられていきます。

起業支援といっても、コンサルさんのように「こうしたほうがいい」とアドバイスをするわけではありません。コーチとしてできることは、こうしたぼんやりと意識している、潜在意識に深く染み込んだ「信念」に気づくこと、さらには、この信念が肯定的な信念へと変わることをサポートすることです。

劇的に!ということはできませんが、じわじわ、ゆっくり、でも確実に本来の自分へと戻していくことができれば、今まで以上に行動ができるようになるし、大人になってからも親の影響を受けていた自分を解放してあげれば、とても楽になれるのです。

こうやって握りしめていた「信念」を徐々に手放していった時、クライアントは輝き出します。生き生きとした姿に会えるのが、この仕事をしている喜びなのです。

皆さんは、どんな「信念」がありそうですか?それは必要なものですか?それとももういらないものですか?いらないものなら手放す勇気を持って、今のあなたにぴったりの「信念」に置き換えていってくださいね。

辛口コーチの本音のさらに本音が聞けるLINE@

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。