人生を全体的にサポートするライフコーチ

小松紗矢香


私は、ライフコーチとして主に女性の起業サポートをしていますが、セッションのテーマとなるのは仕事のことだけではありません。

・子供の教育のこと
・子育てと仕事の時間の使い方
・旦那様とのコミュニケーション(時には別居や離婚について)
・お母様との関係性
などなど

「起業している人」と言っても1人の人間ですから、当然仕事をしながら生活をしている訳です。

をトータルに見る視点、人生をトータルで見る視点が必要です。

私はもともと病院でソーシャルワーカーをしてたのですが、「医療機関で患者さんを病人と捉えるのではなく1人の生活者として捉える」この視点を大切にしていました。

医療機関で唯一の福祉専門職でした。

病気になったとしても、その人には仕事があり、家庭があり、地域があります。

・仕事の不安
・お金の不安
・子供の不安
・家で(地域で)暮らせるかの不安
などなど

病気をきっかけにして、沢山の不安を抱えます。

病気という一側面からではなく、今後も生活していく人という視点で見る必要がありました。

ライフコーチとして仕事をしている今も、そうした医療ソーシャルワーカーとしての経験や自分自身の人生経験の全てが役に立つと感じています。

仕事で大きな成功を納めても、家庭が崩壊したり、子供に影響が出たり。

トータルで見ると成功したとは言えない場合もあります。

そんな成功は欲しくないですよね。

人をトータルにサポートするということ

トータルにサポートするというのは、先ほど書いた通りその人の様々な側面からサポートしていくというのはもちろんですが、「過去〜現在〜未来」をトータルに捉えていくことも大切です。

目の前のクライアントさんの今だけを見るのではなく、過去にどんな経験をされたのか、これから先の未来にどんな希望を見ているのか。

そういった全体性。

そして、今チャレンジしたことの結果が失敗だと捉えていたとしても、その経験が未来にどんな意味をもたらすのか?という視点。

こうして俯瞰できるからこそ、様々な側面から捉えることができます。

1人だと起きている問題に焦点を当てて悩まれてしまうことも、コーチが全体的な視点で捉えフィードバックすることで、「そうか!!」と視野を広げられることがよくあります。

また、悩みを抱えているときはエネルギーダウンを起こしているときですから、ニュートラルに物事を捉えられません。

ついつい、ネガティブに考えてしまうものです。

だからこそ、ニュートラルで、かつ良いエネルギー状態で向き合ってくれるコーチの存在に価値があるのです。

ありがたいことに、クライアントさんの人生に関わらせていただくことで、人生の面白さを何倍も感じることができます。

私はやっぱり人に関わるのが好きなんですね。


ライフステージによって変わるテーマ

現在、出産後数ヶ月のママさんのメンタルサポートをしています。

先日も別のママさんから、お問い合わせをいただきました。

サービスとしては出してなくても、私の2回の出産経験や今の育児経験、そして子供が小さいながらも起業した経験をトータルに見ていただいてパートナーに選んでいただいているのだと思います。

人生のライフステージによって、抱える悩みも変わってきますよね(特に女性は)

例えば・・・

・結婚前は、恋愛や結婚に悩みながら仕事について考える
・結婚後は、妊活や出産について考える
・出産後は、育児や仕事の両立について考える
・40台後半になると、親の病気や介護について考える

こんな風に、ライフステージによってテーマが変わってきます。

そうした人生の課題を抱えながらも、「自分らしく生きる」&「自分らしく働く」を諦めたくない女性たちに対して、ライフコーチだから出来ることがあると思っています。

さらには、ソーシャルワーカーだった経験も活かせると思うと、今は育児と仕事の両立についてテーマとするセッションが多いのですが、今後は福祉の経験や知識を活かして起業女性のサポートをしていくかもしれませんね。

人生をトータルで見るライフコーチだからできること

これからも多面的な視点でサポートしていきたいと思います。

現在、起業女性(を目指す女性)の個別プログラムを提供中です。
お気軽にお問い合わせください。

bnr_contact_ja

辛口コーチの本音のさらに本音が聞けるLINE@

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。