今学んでいる日本スクールコーチ協会のコーチ養成講座では、青少年に対する「ライフデザインコーチング」と「キャリアデザインコーチング」を学んでいます。

この考え方は、青少年期に限ったことではなく、全ての大人に必要な概念だと思っています。

ライフデザインコーチングとは

「自分が望む未来、なりたい自分像」をその人の中から引き出すコーチングです。

・どんな人生を歩みたいのか?

・どんな人になりたいのか?

・社会や家族とどんな関わりをして行きたいのか?

皆さんは、これに対して自分はどう思っているのか、答えることができますか?

なかなか難しいですよね。

自分のことなのに自分が何を望んでいるのかが分からない・・・

これは苦しい。
57f5f454e9aa0cbe2f855994e6a2d530_s

私もその1人でした。

何かが本当に歩みたい人生とは違う感じがする。

そう思っても、何をどうしたらいいのか分からない。

あまりに漠然としていて、何を求めているのか掴みきれない。

そんな状態から、自分が求めていることが分かる状態になる

これがライフデザインコーチングの目的です。

人生をデザインするとは?

デザインするというのは、全くないものを0から描きだすというより、すでに自分の内側に存在してるけど見失っていること、隠れてしまっていることを見つけ出し、見える化していくということなのです。

でも、この「何かが違う」という違和感は、本当は歩みたいと思っている人生がすでにあるということ。

だから、すでに自分の中に存在している「理想の人生」を自分の中から見つけ出し、それを自覚することで、望む人生へと歩むことができます。

自分の人生を歩んでいるようで、実は誰かの人生を歩んでいることがあります。

それは親が求める自分だったり、世間が求める自分だったり。

いい人ほど、いつの間にか誰かの期待に応えることが目的になって、気づいたら自分の人生というより、誰かの期待に応えた人生になっているのです。

あれ?何かが違う?

そんな違和感を感じた時こそ、もう一度自分の人生を創造できるチャンスなのです。

ライフデザインをする意味

自分が何を求めているのか
自分が人生で大事にしたいものは何か
何をしたいのか

求めていることが分かると、自分の歩む方向性が分かります。

迷いがなくなり、自分がやるべきことに集中できるようになります。

心から満たされると感じる時間が多くなります。

誰かの期待に応える人生ではなく、自分の気持ちを大切にした自分軸の人生が始まります。

そんな人生を歩めたらどう感じるでしょうか?

私が得たことは

私の人生を生きているという実感。

これは、何ものにも代えがたい喜びでした。

私は、人が本当に欲しいものはこの喜びではないかなと思っています。

不思議と、自分の人生を愛おしく思えるようになると、人の人生も大切にできます。

つまり、人の価値観や信念を尊重できるということ。

そのためには、まずは自分の想いを尊重することが最初なのです。

アラフォーから始める「人生デザイン」のススメ

社会に出て10年以上経つと、進路選択をする20代の頃には感じなかったことを感じるようになります。

さらに40歳を過ぎるとこんなことを感じます。

残りの人生このままで本当にいいのだろうか?

私のところに来られるクライアントさんのほとんどが40代。

年齢的にも真剣に人生と向き合うタイミングなのかもしれませんね。

こういう本質的な問いを抱くのは、人生の折り返しに近づいた40代だからこそ考えること。

その一方で、これまでの人生で手に入れたものも多くなり、簡単には軌道修正できなくなっています。

仕事での地位、責任、家族への責任など・・・

人はこれまで手にしてきたものを大切にし、未知のものに不安や恐れを感じる性質があります。

未知のものには、なかなか踏み出せない。

私は時々考えます。

なんとなく違和感を感じるけど波風立たない誰かの期待に応える人生を送った人生の最後に、何を感じるだろうか?と。

実際のところ、それは最後にしか分かりません。

でも、私は「もっと自分らしく生きたらよかったな〜」と思うのではないかなと思って、怖いけど自分が本当に望む人生へと一歩足を踏み出しました。

34歳で結婚、35歳で1人目出産、39歳で2人目出産をして、40歳でコーチとして起業しました。

コーチングに出会い、自分の人生について真剣に向き合ったのは36歳からでした。

まさにアラフォーからの「人生デザイン」です。

現在42歳の私は、いろいろ不安なことはあるけれども、

「私の人生を生きているという実感、喜び」が何倍にもなりました。

私の人生がとても愛おしくなりました。

人生を愛おしいと思う。

そんな人をもっと増やしたいなと思っています。

せっかく私に生まれたのだから、もっと私を(私の人生を)楽しみもう!と。

人生の後半からでも、自分らしい人生を創り出すことができます。

心から喜びを感じられる人生を歩みたい。

そう思った時がタイミングです。

何歳からでも始められるのです。

例え50歳でも、60歳でもその時がタイミング。

そして、もしその歳から心から自分の人生を愛おしいと感じれる人生を歩めたのなら、その前(過去)も全て愛おしくなるのです。

本当に望む人生を考える「ライフデザイン」

一緒に取り組んでみませんか?

20258296_1408881322536264_3997466344473171911_n

アラフォーから始める「人生デザイン」1day講座

<8・9月開催日>

8月28日(月)
9月6日(水)
9月20日(月)

いずれも13時〜16時

詳細&お申し込みはこちらから